よくある質問

薄膜反射率シミュレーション

膜材料をプルダウンリストより選択すると、薄膜干渉による反射率を計算します。200nm-2000nmの波長範囲における反射率計算が可能です。膜は20層まで追加できます。当社膜厚測定システムと同じ解析手法、フレネルの公式に基づいています。

新機能!このページをお気に入りに追加すると最後に作成したデータを保存できます!

CALC_DblClick_Message
GENERAL_Loading
開始波長 nm
終了波長 nm
プロット間隔 nm
膜材料 膜厚
nm

よくある質問

  • 使用する屈折率は当社の屈折率一覧を使用しています。200-2000nmの波長範囲において一部屈折率データが欠ける場合がございますのでご了承ください。
  • ご要望に応じ、勾配層、傾斜膜、粗さ、超格子膜、新規材料の追加、入射角と偏光の指定、膜構造保存などの機能を追加する予定です。また、透過率と吸収率のシミュレーション機能を追加する予定です。
  • 上記追加機能に関して、ご意見等ございましたらご連絡下さい。(お問い合わせフォームをご利用ください)

632.8nmにおける屈折率を入力して下さい。入力した屈折率の膜がもつ平均的な分散を考慮して反射率を算出します。

632.8nmにおける屈折率